パチンコをやめたいのにどうしてもやめられないあなた。もう大丈夫です。あなたもパチンコ地獄から抜け出して、本当の人生を取り戻してください。

過度のギャンブルの結果

パチンコなどのギャンブルは、適度に行う事が難しいという点については前ページで書いた通りですが、今度は度を超したギャンブルがどのような負の影響を与えるのか、整理してみましょう。

度を超したギャンブルは、以下の4点の問題に集約されていくのではないかと考えます。
 (1)多額の借金
 (2)勤労意欲の低下
 (3)他人からの信用崩壊
 (4)自分自身の否定

(1)多額の借金
  度を超したギャンブルは、あっという間に多額の借金を生み出します。
  ギャンブルで作った借金は、そのお金で品物を買う訳ではありませんから、手元には何も残りません。
  普段は借金なんてした事がないような人でも、そんな空疎な多額の借金をしてしまうのです。

(2)勤労意欲の低下
  ギャンブルにハマると、ギャンブルへの衝動が発作的に生まれるようになります。
  ギャンブルへの衝動が生まれると、
   ・どんな賭け方をしようか
   ・どうやってタネ銭を作ろう
   ・どうしたら十分な時間を作れるだろうか
  など、思考がギャンブルで埋め尽くされ、その時点で、働く意欲はほとんど失われてしまいます。

  また、ギャンブルで多額(例えば月収を超える)の金額を賭けていると、そもそも実社会で働く事自体がバカバカしく感じるようになります。

(3)他人からの信用崩壊
  度を超したギャンブルは、大半の場合嘘を伴います。ギャンブルを続けるためには嘘が必要だからです。
   ・本来使ってはいけないお金を使うため
   ・自由になる時間を捻出するため
   ・負けた事を知られたくないため
  
  また、ギャンブルのために待ち合わせや借金返済などの約束をよく破るようになります。

  嘘や約束破りが続くと、他人からの信用はすぐに崩壊します。
  悲惨なのは病的ギャンブラーの家族です。本来ならば一番信頼できるべき家族の事を疑う事は、本当に辛く寂しい事です。

(4)自分自身の否定

  度を超したギャンブルは、自分自身の否定につながっていきます。
   ・ギャンブルのせいで多額の借金を作ってしまった
   ・ギャンブルをするために会社や学校をさぼってしまった
   ・ギャンブルをするために子供との約束を破ってしまった
   ・負けていらいらして家で怒鳴り散らしてしまった
   ・借金返済のためのお金をギャンブルにつかってしまった
  
  上記のような自己嫌悪を繰り返しているうちに、「自分は本当に駄目な人間だ。バカは死ななきゃ治らない。生きている価値がない」などど思うようになります。
  

そして、上記の4点の問題は、「家庭の崩壊」という結果をもたらすのです。

「家庭」というと、一般的には家族の事をさしますが、ここでは家族に限定せず、心を許せる共同体(グループ)の事を「家庭」とします。

家庭は、人間が生きていく上で最も基本となるものです。
心を許しあい、信頼しあえる関係がどこかになければ、本当に孤独で寂しい人生となってしまうでしょう。

しかし、度を超したギャンブルは
 ・多額の借金があって
 ・勤労意欲が低く
 ・言動は信用できず
 ・自分自身を否定して縮こまっている
ような人間を作り出してしまうのです。


そんな人間と心を許しあった信頼関係を続ける事ができるでしょうか。ほとんどの場合、答えはNOでしょう。

つまり、度を超したギャンブルは、「生きる事」自体を否定する事になるのです。

では、どうすれば度を超したギャンブル(パチンコ)を防ぐ事ができるのか。
次のページで整理してみます。

#####
私は、社会的問題を引き起こしているパチンコに対し、以下の2点の新たな規制を主張しています。
 ①パチンコの年齢制限を20歳に引き上げる
 ②パチンコ屋への入店や貸玉に承認カードを必要とする
賛同して頂ける方は、周囲の方へのお話や、ご自身のサイト・ブログ・SNSでの情報発信をお願いいたします。
※当サイトは管理人(ひこたま)に連絡不要でリンクして頂いて構いません(リンクフリーです)。
#####

※本ページは2012年1月22日に作成しました。
コメント
年齢制限の引き上げ、資格認証制度
等々 賛成です。
今日も 過去にパチンコに金をつぎ込んだことを思いだし 暗い気分です
(-o-;)
2012/01/23(月) 20:51 | URL | けいじ #-[ 編集]
病気を認める
お疲れ様です
自分でコントロールが
できなくなった
時点で、病気だと認めること、
治らない病気とつきあっていく
覚悟ができて、
私は、なんとか止まっています





2012/01/24(火) 16:25 | URL | サイトー #-[ 編集]
Re: タイトルなし
けいじさん

ひこたまです。こちらもコメントありがとうございます!
やっぱりパチンコは規制をしないと、不幸な人がどんどん生まれてしまいますね--;

少しでも世の中を変えていけるように情報発信していきますので、これからも覗きにきてくださいね!

2012/01/24(火) 22:33 | URL | ひこたま #-[ 編集]
Re: 病気を認める
サイトーさん

ひこたまです。こんばんは。いつもコメントありがとうございます。

そうですよね、やはり「病気だ」と認める事が大事ですよね。
お互いやっかいな病気にかかってしまいましたが、何とか平和な人生を取り戻しましょう!

2012/01/24(火) 22:36 | URL | ひこたま #-[ 編集]
No title
初めまして。
私は過去のひこたまさんとほぼ同じ様な境遇にあります(症状から借金から家族構成まで)。
たまたま今日が開店休業の様な一日だったので一気に読む事が出来ました。
今日明日にも家庭崩壊があってもおかしくないし、
借金枠を増やして生保を増額し、一年後の自殺まで頭をよぎる事もあります。
私は嘘つきです。人の信用を平気で裏切ります。
家族の一大事にもパチンコをしていました。
※たぶん自分はサイコパスなんだろうと諦めていました。
何もかもが自分に当てはまりました。
ひこたまさんの様にうまく人に伝える事ができませんが、
なんとか現状から脱出したいと思います。
パチンコへ行かない日が続いて、
少し自分の行動に自信が持てる様になったら、
会社の後輩や、隣の家のおじさんに、
自分と一緒に抜け出さないか持ちかけてみます。
無償で私に救いの手を差し伸べてくれて本当に有難うございます。
今後もリハビリの為にちょくちょく覗かせてもらいます。
そして私もひこたまさんの様に、
同じ境遇の人を救いたい思います(まだ私自信が何も始まっていませんが…)。
同じ不安や悩みを持つ人の為になれば良いと思います、あえてコメントは公開しておいて下さい。
それではまた。本当に有難うございます。

2012/01/26(木) 19:37 | URL | al #-[ 編集]
alさん、共に頑張りましょう
alさん、はじめまして。ひこたまです。
コメントありがとうございました!

alさんもパチンコ地獄で苦しんでおられるのですね。

私も、自分のあまりの薄情さや嘘つきぶりに、あきらめに似た感情を抱く事はよくありました。
パチンコ依存症は本当に残酷な病気です。

でも、もうきっと大丈夫です。
コメントを拝見するに、今日、alさんは回復への第一歩を踏み出す事ができたのだと思います。

一番大切な事は、「自分は病的パチンカー(パチンコ依存症)で制御がきかない。一生パチンコはしたくない」と思う心です。
後は、ブログでご紹介している通り、用心深く準備をして、パチンコから離れていけばよいのです。

同じ病を持つものどうし、共に頑張りましょう!
やばくなったら、いつでもコメントかメールくださいねー。

> 無償で私に救いの手を差し伸べてくれて本当に有難うございます。
→そう言って頂けると、何よりうれしいです!私が回復し続けるため、生きていくためのエネルギーになります。
 私もコツコツと情報発信していきたいと思います。

では。
2012/01/26(木) 22:54 | URL | ひこたま #-[ 編集]
「パチンコ やめたい」での検索
alさんへ

ひこたまです。検索情報ありがとうございます。
確かに、Yahooで「パチンコ やめたい」だとヒットしませんね^^;
私もあまり詳しくないのですが、多分私のブログの中に「やめたい」という単語があまり入ってなくって、検索エンジンにひっかからないんだと思います。
ヒット順位は検索エンジンが決めるので、単純に制御できないと思うのですが、このコメントとかで若干ヒット率があがるかもしれませんね(笑)
2012/01/26(木) 23:08 | URL | ひこたま #-[ 編集]
No title
ひこたまさん、びっくりしました。
返信して下さるんですね。
本当に今後とも宜しくお願いします。
自分の事なんかはこの際どうでもいいんです。
私には7歳の娘と5歳の息子がおり、
パチンコの為に自転車や凧揚げ、
キャッチボールなんかも全然やっていません。
当然、走りは遅いし、自転車にも乗れないし、
児童クラブや保育園へのお迎えは一番最後やし。
最低の父親です。
そして妻に対しても全て任せっぱなしで、
借金まで作ってしまって。
最低の旦那です。
ひこたまさんのおかげで
なんとか変われそうです。
家族の為に生きていけそうです。
本当に有難うございます。
2012/01/26(木) 23:23 | URL | al #-[ 編集]
最後の決心
つい2週間前、もうパチンコはやらないと決心した。休日の午後時間が空いた。またやってしまった。自分が嫌になった。死にたいと思った。帰省した時の楽しかった思い出と共に両親の顔が浮かんだ。心が安らいでいた。充足していた。また会いたいと思った。平成24年8月21日、もうパチンコはやらないと最後の決心をした。
パチンコ規制2項目共に賛成です。加えて営業日を週末に限定したらいいと思います。
2012/08/21(火) 23:39 | URL | じぃやん #l.3CEBME[ 編集]
じぃやんさん、はじめまして!
じぃやんさん、はじめまして!ひこたまです。
コメントありがとうございました。

じぃやんさんも、パチンコ地獄で苦しんでおられるのですね。本当にお疲れ様です。

「やめると決心しても、また行ってしまう」、私も20年近くその繰り返しでした。
本当に自分が嫌になっちゃいますよね。

大丈夫ですよ、じぃやんさん。それは、本当のじぃやんさんではありません。
パチンコへの衝動は、他人があなたの脳に仕込んだプログラムのせいなのです。

残念ながらそのプログラムを取り除く事はできませんが、対処する事はできます。

もし、パチンコ依存症に対してあまり知識がないのであれば、以下の本を読まれる事をぜひおすすめします。

ギャンブル依存症(田辺等):http://hikotama.blog11.fc2.com/blog-entry-17.html
ギャンブル依存とたたかう(帚木 蓬生):http://hikotama.blog11.fc2.com/blog-entry-20.html

じぃやんさんが、パチンコ抜きの平穏な人生を取り戻される事を心よりお祈りしています!
またいつでもコメント・メール(hikotama3@gmail.com)・ツイッター(@hikomata3)でご連絡くださいね。

ひこたま
2012/08/23(木) 22:04 | URL | ひこたま #-[ 編集]
ありがとう
ひこたまさんの言葉、温かいです。心に響きました。ありがとうございます。このサイトを見て初めてパチンコ依存症だと自覚しました。2年以上パチンコをやらなかった時期もありましたが、転勤を機にまた始めてしまいました。二度とパチンコをやることはないと思っていました。大変恐ろしい病気です。このサイトに出会って、ひこたまさんに出会って、私と同じように苦しんでいる方々に出会ってこの病気から抜け出せる希望が出来ました!一人じゃないんだ。生まれ変わったつもりになって新しい人生を歩もうっと^^おすすめの本買って見ます。
2012/08/24(金) 02:23 | URL | じぃやん #-[ 編集]
Re: ありがとう
じぃやんさん、ひこたまです。
パチンコ依存症は息の長い闘いになるので、気楽に、リラックスして取り組みましょう!
またいつでもご連絡くださいね!
2012/08/26(日) 10:01 | URL | ひこたま #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
サイトマップ
プロフィール

ひこたま

Author:ひこたま
パチンコ歴20年の極度の病的パチンカー(パチンコ依存症)でした。
私がパチンコ地獄から脱出できた方法で、同じ悩みを持つ方々の助けになれば幸いです。

ようこそ!
最新コメント
あなたへの応援歌
★掲示板★
掲示板であなたの体験や教訓を教えてください!
掲示板はコチラです。
Twitter
Twitterでは、本サイトの更新情報の他、個人的な思いなどをつぶやいています。是非フォローしてください!
What's New!(更新記録)
■2016年6月19日
 【6】パチンコ依存関連の本「パチンコ依存症から立ち直る本」のページを追加しました
■2016年2月14日
 【8】コラム「しくじり先生(貴闘力さん)の感想」のページを追加しました
■2015年9月14日
 【8】コラム「一隅を照らそう」のページを追加しました
■2015年9月14日  スマートフォンやタブレットからのアクセスで、PCと同じ画面が表示されるようにしました
■2014年12月6日
 【6】パチンコ依存関連の本「依存症のすべて」のページを追加しました
■2014年10月13日
 【8】コラム「パチンコのしきいは低すぎる」のページを追加しました
■2014年3月22日
【6】パチンコ依存関連の本「パチンコ オカルト信者につけるクスリ」のページを追加しました
■2014年1月26日
 【7】私の事-借金残高借金完済(2014/1/25)のページを追加しました
検索フォーム
お問合せ・ご相談
本サイトに関するお問合せ・パチンコ依存関連のご相談など、お気軽にご連絡ください。
※hikotama3@gmail.comまで直接メール頂いても結構です。

名前:
メール:
件名:
本文:

依存症関連ブログ
パチ依存と闘ういろんな方のブログが見れます!
本サイトについて
本サイトはFC2ブログによって作成していますが、日記型の情報発信を目的としていないため、各記事を見やすく並び変えるために記事の日付を意図的に変更したり、過去の記事の内容を修正する事があります。
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking