パチンコをやめたいのにどうしてもやめられないあなた。もう大丈夫です。あなたもパチンコ地獄から抜け出して、本当の人生を取り戻してください。

ゲームセンターはパチンコ依存症養成所

先日、近所のスーパーのゲームセンターの横を通りかかったところ、衝撃的な光景を目にしました。

中学生と思われる男子数人が、パチスロの攻略雑誌を見ながらパチスロを打っているのです!

ちょっと気になって店内を覗いてみると、そのゲームセンターには、見覚えのあるパチンコ・パチスロ台が何と数十台も並んでいたのです。
機種も何年も前の台という訳ではなく、まだ実際のパチンコ屋で稼動している最新の台もありました。

もちろん、規格としてはゲームセンターのメダルゲーム扱いとなってはいるのでしょうが、演出やリール制御は実機と全く同じのようでした。

私も学生の頃はゲームセンターのメダルゲームでよく遊びましたが、メダルゲームと比較して実際のパチンコ台の依存性は比較にならないほど高いと思います。
それはもちろん、パチンコ台の目的は病的パチンカー(パチンコ依存症)を作り出す事であり、そのために莫大な開発費用が使われているからなのです。

その危険なパチンコ・パチスロ台が、小学生でも行けるようなゲームセンターに大量に設置されているのです!

大人に比べ、子供は刺激に敏感です。すぐにパチンコ・パチスロにハマってしまうでしょう。
そして、ゲームセンターでパチンコ・パチスロにハマった子供がどうなるかは火を見るより明らかです。
換金できないメダルでは飽き足らず、本物のパチンコ屋に何の違和感もなく移行していくでしょう。


今や、ゲームセンターは病的パチンカーの養成所になってしまっていると言っても言い過ぎではありません。

日本の政治家は一体何をやっているのでしょうか。

「パチンコ屋には未成年は立ち入り禁止」としておきながら、「ゲームセンターへのパチンコ台の設置OK」では何の意味もないではありませんか!

(そもそも法律では、本来はパチンコ屋も換金できないはずですし)

パチンコ業界は、将来の奴隷とすべく子供たちに対しても堂々と触手をのばしはじめた、という事でしょう。

ゲームセンター業界も、安易にパチンコ台を設置するようでは思慮に欠けすぎではないでしょうか。

我々は、何とかパチンコの魔の手から子供たちを守らなければなりません。今の我々にできる事は、「ゲームセンターに子供を行かせない」という事くらいしかありませんが。。。

パチンコ依存症の怖さとゲームセンターの状況に切り込んでくれる政治家が出てくる事を切望します!


コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
サイトマップ
プロフィール

ひこたま

Author:ひこたま
パチンコ歴20年の極度の病的パチンカー(パチンコ依存症)でした。
私がパチンコ地獄から脱出できた方法で、同じ悩みを持つ方々の助けになれば幸いです。

ようこそ!
最新コメント
あなたへの応援歌
★掲示板★
掲示板であなたの体験や教訓を教えてください!
掲示板はコチラです。
Twitter
Twitterでは、本サイトの更新情報の他、個人的な思いなどをつぶやいています。是非フォローしてください!
What's New!(更新記録)
■2016年6月19日
 【6】パチンコ依存関連の本「パチンコ依存症から立ち直る本」のページを追加しました
■2016年2月14日
 【8】コラム「しくじり先生(貴闘力さん)の感想」のページを追加しました
■2015年9月14日
 【8】コラム「一隅を照らそう」のページを追加しました
■2015年9月14日  スマートフォンやタブレットからのアクセスで、PCと同じ画面が表示されるようにしました
■2014年12月6日
 【6】パチンコ依存関連の本「依存症のすべて」のページを追加しました
■2014年10月13日
 【8】コラム「パチンコのしきいは低すぎる」のページを追加しました
■2014年3月22日
【6】パチンコ依存関連の本「パチンコ オカルト信者につけるクスリ」のページを追加しました
■2014年1月26日
 【7】私の事-借金残高借金完済(2014/1/25)のページを追加しました
検索フォーム
お問合せ・ご相談
本サイトに関するお問合せ・パチンコ依存関連のご相談など、お気軽にご連絡ください。
※hikotama3@gmail.comまで直接メール頂いても結構です。

名前:
メール:
件名:
本文:

依存症関連ブログ
パチ依存と闘ういろんな方のブログが見れます!
本サイトについて
本サイトはFC2ブログによって作成していますが、日記型の情報発信を目的としていないため、各記事を見やすく並び変えるために記事の日付を意図的に変更したり、過去の記事の内容を修正する事があります。
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking