パチンコをやめたいのにどうしてもやめられないあなた。もう大丈夫です。あなたもパチンコ地獄から抜け出して、本当の人生を取り戻してください。

依存症のすべて(★★★☆☆)

タイトル:依存症のすべて
著者:廣中直行
初版:2013年
おすすめ度:★★★☆☆

著者の専門である薬物依存症での論理を、ギャンブル・インターネット・買い物依存など、薬物やお酒以外の依存症にまで広げて、依存症について説明されています。
やはり、パチンコ依存症(ギャンブル依存症)は、薬物依存症と症状がよく似ているという事を再認識しました。
また、「回復とは治り続けること」という言葉にも、納得です。

以下、少し気になった点です。

全体を通して感じたのは、「論理的すぎる」という事です(笑)
例えば、依存症になる原因として、「居場所感のなさ」、「自己効力感のなさ」、「リセット願望」、「育った環境」などがあげられています。
また、『依存症の人は「小さい報酬でいいから、今すぐにほしい」という気持ちが強い』とか、「ハイリスク・ハイリターンを好む」というような実験結果が書かれています。

本当にそうなのでしょうか?
私がパチンコにハマった頃、学生生活は充実していましたし、家庭的な問題も特にありませんでした。
また、私はパチンコ以外の事だったら、間違いなくローリスク・ローリターンを好みます。


私は、医者でも研究者でもありませんが、自分自身の体験から、「依存症になるのは単なる偶然だ」と思っています。

だから、研究者の方が「これが依存症になる原因です」みたいな感じで論理展開されると、ちょっと違和感を感じてしまいました。

あと、「専門家の治療もほとんど受けていない人や家族が、インターネットなどの情報を頼りに自助グループの門をたたく。自助グループはそれを追い返したりはしないが、本当は困っている。」という言葉は、少なくともギャンブル依存には当てはまらないと思いますし、ちょっと残念な気持ちです。

「専門家」って、依存症の治療に対してそんなに偉いのでしょうか。
普通の病気のように専門家が治療できるのであれば、依存症がこんなに大きな社会問題になんてならないはずです。

私は、自助グループは、途方に暮れた依存症者が「駆け込み寺」のような感覚で参加できる事にも大きな意義があると思っています。
なぜなら、本人が行動を起こして自助グループに駆け込む事が、途方に暮れた依存症者の救いになり、回復に向けた気付きのきっかけになる事は間違いないからです。
そして、駆け込んできた人を温かい心で迎えてあげる事が、自助グループに参加している人の回復にも良い影響を与えるはずだと信じています。

少々批判的になってしまいましたが、「依存症」に対する知識を得るという点では、有益な本だと思います。

↓↓Amazonでの他の人の評価はこちら(移動先のページで星の横の「カスタマーレビュー」をクリック)


※本ページは2014年12月6日に作成しました。
サイトマップ
プロフィール

ひこたま

Author:ひこたま
パチンコ歴20年の極度の病的パチンカー(パチンコ依存症)でした。
私がパチンコ地獄から脱出できた方法で、同じ悩みを持つ方々の助けになれば幸いです。

ようこそ!
最新コメント
あなたへの応援歌
★掲示板★
掲示板であなたの体験や教訓を教えてください!
掲示板はコチラです。
Twitter
Twitterでは、本サイトの更新情報の他、個人的な思いなどをつぶやいています。是非フォローしてください!
What's New!(更新記録)
■2016年6月19日
 【6】パチンコ依存関連の本「パチンコ依存症から立ち直る本」のページを追加しました
■2016年2月14日
 【8】コラム「しくじり先生(貴闘力さん)の感想」のページを追加しました
■2015年9月14日
 【8】コラム「一隅を照らそう」のページを追加しました
■2015年9月14日  スマートフォンやタブレットからのアクセスで、PCと同じ画面が表示されるようにしました
■2014年12月6日
 【6】パチンコ依存関連の本「依存症のすべて」のページを追加しました
■2014年10月13日
 【8】コラム「パチンコのしきいは低すぎる」のページを追加しました
■2014年3月22日
【6】パチンコ依存関連の本「パチンコ オカルト信者につけるクスリ」のページを追加しました
■2014年1月26日
 【7】私の事-借金残高借金完済(2014/1/25)のページを追加しました
検索フォーム
お問合せ・ご相談
本サイトに関するお問合せ・パチンコ依存関連のご相談など、お気軽にご連絡ください。
※hikotama3@gmail.comまで直接メール頂いても結構です。

名前:
メール:
件名:
本文:

依存症関連ブログ
パチ依存と闘ういろんな方のブログが見れます!
本サイトについて
本サイトはFC2ブログによって作成していますが、日記型の情報発信を目的としていないため、各記事を見やすく並び変えるために記事の日付を意図的に変更したり、過去の記事の内容を修正する事があります。
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking