パチンコをやめたいのにどうしてもやめられないあなた。もう大丈夫です。あなたもパチンコ地獄から抜け出して、本当の人生を取り戻してください。

ステップ3 パチンコが打てない状況にしましょう

自分が病的パチンカー(パチンコ依存症)であると認める事ができたあなた。次は現実的な対策に進みましょう。

まず、最初にとるべき行動は「できるだけパチンコが打てない状況を作り出す」という事です。

あたりまえの事ですが、病的パチンカーは、「パチンコを打ちたい」と思い始めると制御がきかなくなってしまいますから、とにかくパチンコへの衝動をできるだけ減らす事が重要です。
(ステップ2で書いた通り、病的パチンカーの脳には「パチンコへの衝動」を引き起こすプログラムが組み込まれてしまっているのですが、そのプログラムが動く回数をできるだけ少なくしましょう、という事です。)

病的パチンカーは四六時中パチンコの事ばかりを考えているとよく誤解されますが、私の経験では、その考えは少し間違っていると思います。

確かに、病的パチンカーは、一度パチンコの事を考えはじめると、自分では制御できないほどにパチンコを渇望してしまいますが、無心で仕事に集中している時もありますし、純粋に家族との食事を楽しんでいる時もあります。
(そんな時間は本当に平和です...)

では、脳の中の「パチンコ衝動プログラム」が動く回数を減らすにはどうしたらよいでしょうか。

そのためには、「パチンコが打てない状況に身をおく」事です。

「パチンコが打てない状況に身をおく」という事は、一見直接的には関係がないように見えますが、不思議な事に、パチンコができる状況からはほど遠い時には、脳が無意識のうちに状況を理解しているのか、衝動の発生する頻度は激減します。

実際、海外や、ものすごく田舎に旅行をしている時はパチンコの事なんて忘れてますよね。(そのかわり、帰ってくる途中から猛烈に打ちたくなりますが(^^;)

本当はパチンコのない国に移住することができればいいのかもしれませんが、現実的にはそういうわけにはいきません。

だったら、意図的にパチンコが打てない状況を作り出せばよいのです。

「パチンコが打てない状況」はどうやって作ればよいのでしょうか。

それは、「少しのお金しか持たない」という事です。

あまりにも単純な方法で、拍子抜けされたかもしれません。

また、この「お金を持たない作戦」は、「無理やり欲求を押さえ込むので逆効果」という意見もありますが、「自分は病的パチンカーで、本当にパチンコをやめたい」と心から思っている方には、「我慢している」という感覚はあまりないはずで、非常に有効な手段であると思います。

普通のサラリーマンであれば、昼食代とお茶代で、現金は1日に1500円もあれば十分です。
ですので、私は毎朝家を出る時に2000円以上は持たないようにしています。

ただ、さすがに2000円しか持っていないと、いざという時に心配ですので、財布の中にはキャッシング枠を0円に設定したクレジットカードを入れておきましょう。
(最近は総量規制の法改正の影響で特に何もしなければキャッシング枠は0円になっていると思います)

私は、紙のお札が3枚(つまり3000円以上)財布に入っているのを見ると、我慢できずにパチンコに行ってしまったという経験もあり、2000円を上限にしていましたが、もし2000円でもパチンコをしたくなる、という方はもっと減らすしかないです。

そんな方はおサイフケータイで買い物をするなどして、とにかく「現金および現金を入手できるカードを持ち歩かない」ようにしてくださいね。

この「お金を持たない作戦」で、「パチンコ衝動プログラム」の起動回数を、かなり減らす事ができると思います。

ここで1点、重大な注意点があります。

普段お金を持ち歩かない事で、逆に何らかの理由で財布にお金が入っていると、パチンコへの衝動が生まれやすくなります。

これは私の経験上、間違いのない事実です。

残念な事に、「お金を持たない作戦」を実行していても、「家を出る時、偶然1万円札しかなかった」とか、「会社の飲み会代を集めた」とか、様々な理由で財布にお金が入っている状態はけっこうすぐにやってきます。
そうすると、無意識のうちに「今、3万円入ってるよ。少しくらいなら打ってもいいんじゃない」というような悪魔の囁きが聞こえてくるのです。

そうです。これが病的パチンカーの脳に刻みこまれた、「パチンコ衝動プログラム」が起動する瞬間です。


お金を持っていないときは、無理して我慢している訳でもないのに、お金を持った瞬間にそんな囁きが生まれるのですから、パチンコ依存症は本当に怖い病気です。。。

無防備な状態でこの衝動に打ち勝つ事は、困難を極めます。

ですので、次のステップで準備する「ほしいものリスト」の準備ができるまでは、偶然でも、決して多額の現金を持つ事がないように注意してください。

次のステップで詳しく書きますが、この「ほしいものリスト」を使ったパチンコ防止法は、不思議な事にパチンコへの衝動を受け流す事ができるのです!

●「自分は病的パチンカー(パチンコ依存症)であり、一生パチンコはしたくない」と思う事
●「お金を持たない作戦」で「パチンコ衝動プログラム」をできるだけ起動させない事
●危機が迫ったら、「ほしいものリスト」で受け流す

私の実践した第一段階(完全に習慣化したパチンコを一旦生活から切り離す)の基本はこれだけです。
私は、たったこれだけの事で、15年以上にわたって何度も失敗してきた、パチンコ地獄からの脱出への足がかりをつかんだのです。

「そんな簡単な事でパチンコの衝動が抑えられる訳がない」と思われる方もいらっしゃると思いますが、この方法で現在の状況が悪化する訳ではないと思います。
騙されたと思って是非一度試してみてください!

では、次のステップ(4)で、「ほしいものリスト」を作ってみましょう。もう少しで準備は完了です。頑張って!
サイトマップ
プロフィール

ひこたま

Author:ひこたま
パチンコ歴20年の極度の病的パチンカー(パチンコ依存症)でした。
私がパチンコ地獄から脱出できた方法で、同じ悩みを持つ方々の助けになれば幸いです。

ようこそ!
最新コメント
あなたへの応援歌
★掲示板★
掲示板であなたの体験や教訓を教えてください!
掲示板はコチラです。
Twitter
Twitterでは、本サイトの更新情報の他、個人的な思いなどをつぶやいています。是非フォローしてください!
What's New!(更新記録)
■2016年6月19日
 【6】パチンコ依存関連の本「パチンコ依存症から立ち直る本」のページを追加しました
■2016年2月14日
 【8】コラム「しくじり先生(貴闘力さん)の感想」のページを追加しました
■2015年9月14日
 【8】コラム「一隅を照らそう」のページを追加しました
■2015年9月14日  スマートフォンやタブレットからのアクセスで、PCと同じ画面が表示されるようにしました
■2014年12月6日
 【6】パチンコ依存関連の本「依存症のすべて」のページを追加しました
■2014年10月13日
 【8】コラム「パチンコのしきいは低すぎる」のページを追加しました
■2014年3月22日
【6】パチンコ依存関連の本「パチンコ オカルト信者につけるクスリ」のページを追加しました
■2014年1月26日
 【7】私の事-借金残高借金完済(2014/1/25)のページを追加しました
検索フォーム
お問合せ・ご相談
本サイトに関するお問合せ・パチンコ依存関連のご相談など、お気軽にご連絡ください。
※hikotama3@gmail.comまで直接メール頂いても結構です。

名前:
メール:
件名:
本文:

依存症関連ブログ
パチ依存と闘ういろんな方のブログが見れます!
本サイトについて
本サイトはFC2ブログによって作成していますが、日記型の情報発信を目的としていないため、各記事を見やすく並び変えるために記事の日付を意図的に変更したり、過去の記事の内容を修正する事があります。
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking