パチンコをやめたいのにどうしてもやめられないあなた。もう大丈夫です。あなたもパチンコ地獄から抜け出して、本当の人生を取り戻してください。

パチンコ地獄(サイト紹介)

パチンコ依存症(病的パチンカー)の私は、このサイト(ブログ)内で「パチンコ地獄」という表現をよく使用しています。

この「パチンコ地獄」という言葉は、特に深い考えを持って使い始めた訳ではないのですが、パチンコに苦しむ私達にとっては、逃れるべき対象についての実感を持つことのできる言葉だと思っています。

大切な時間を浪費し、社会的信頼を失い、大切な人を裏切り、抱えきれない借金を背負わされ、自己嫌悪と罪悪感の渦で吐きそうになり、もう二度とパチンコはしないと誓い、それでも次の朝がくると何故かパチンコに足が向かう。。。

この苦しみはまさに「地獄」です。

そんな私が体験した苦しみから何気なく使っていた「パチンコ地獄」という言葉を、仏教の「八大地獄」と照らし合わせているサイト(ブログ)を偶然見つけました。
↓↓
現世に存在する阿鼻叫喚「パチンコ地獄」
パチン・カーさんの運営する「読むだけではやめられない…止まらない…」というブログ内の、「【第6章 人生にパチンコは必要か】」の中のシリーズです。

そう、まさにパチンコ地獄はこんな所なのです。

ページ内で引用している地獄の絵がものすごく怖いのですが(笑)、決して大げさな例えではありません。
「娯楽」という意図的に作られた間違ったイメージや、キラキラと輝く電飾は、一般市民を地獄に誘うためのまやかしなのです。決して騙されてはいけません。

パチンコ地獄は現世に存在する生き地獄です。

私には、パチンコ八大地獄その八「自我崩壊阿鼻地獄」に書かれている女性客の姿は、決して他人事とは思えません。

私も気付くのがもう少し遅かったら、この地獄で永遠にさまよい続けていたかもしれません。

あなたも、パチンコ地獄の中で一人で苦しんでいませんか?
少しでも早く騙されている事に気付いてください。


パチンコ地獄からの脱出の道は、あなたには見えないかもしれませんが、実はすぐそこにあります。
あなたも、パチンコ地獄を脱出して、本当の人生を取り戻してください!!

#####
私は、社会的問題を引き起こしているパチンコに対し、以下の2点の新たな規制を主張しています。
 ①パチンコの年齢制限を20歳に引き上げる
 ②パチンコ屋への入店や貸玉に承認カードを必要とする
賛同して頂ける方は、周囲の方へのお話や、ご自身のサイト・ブログ・SNSでの情報発信をお願いいたします。
※当サイトは管理人(ひこたま)に連絡不要でリンクして頂いて構いません(リンクフリーです)。
#####

※本ページは2012年8月7日に作成しました。
サイトマップ
プロフィール

ひこたま

Author:ひこたま
パチンコ歴20年の極度の病的パチンカー(パチンコ依存症)でした。
私がパチンコ地獄から脱出できた方法で、同じ悩みを持つ方々の助けになれば幸いです。

ようこそ!
最新コメント
あなたへの応援歌
★掲示板★
掲示板であなたの体験や教訓を教えてください!
掲示板はコチラです。
Twitter
Twitterでは、本サイトの更新情報の他、個人的な思いなどをつぶやいています。是非フォローしてください!
What's New!(更新記録)
■2016年6月19日
 【6】パチンコ依存関連の本「パチンコ依存症から立ち直る本」のページを追加しました
■2016年2月14日
 【8】コラム「しくじり先生(貴闘力さん)の感想」のページを追加しました
■2015年9月14日
 【8】コラム「一隅を照らそう」のページを追加しました
■2015年9月14日  スマートフォンやタブレットからのアクセスで、PCと同じ画面が表示されるようにしました
■2014年12月6日
 【6】パチンコ依存関連の本「依存症のすべて」のページを追加しました
■2014年10月13日
 【8】コラム「パチンコのしきいは低すぎる」のページを追加しました
■2014年3月22日
【6】パチンコ依存関連の本「パチンコ オカルト信者につけるクスリ」のページを追加しました
■2014年1月26日
 【7】私の事-借金残高借金完済(2014/1/25)のページを追加しました
検索フォーム
お問合せ・ご相談
本サイトに関するお問合せ・パチンコ依存関連のご相談など、お気軽にご連絡ください。
※hikotama3@gmail.comまで直接メール頂いても結構です。

名前:
メール:
件名:
本文:

依存症関連ブログ
パチ依存と闘ういろんな方のブログが見れます!
本サイトについて
本サイトはFC2ブログによって作成していますが、日記型の情報発信を目的としていないため、各記事を見やすく並び変えるために記事の日付を意図的に変更したり、過去の記事の内容を修正する事があります。
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking